こどもの優しさを少しだけ持てる期間

とある早朝、突如アキレス腱の上に激痛が走りました。あまりのことに動画も出ず、精一杯起き上がりベスト上の娘を引き起こしました。
あるくだけで激痛で歩幅をいつもの半にしてソファーに座り、そこから動けなくなってしまいました。
娘の朝めしも作らなければと思っても動けない。
「ごめんなさい徒歩が痛すぎて動けないから、自分で焼き上げる?」すると思いのほかアッという間に「すばらしいよー」と自分で工夫を始めた長女。
工夫といっても食パンにマーガリンを塗って焼くだけの簡単な物体。それでも表現も言わず、たちまちやってくれたことにまだまだ感動してしまいました。
アッという間に食物を済ませ、セーフティ見送った後は下の子供たちの番だ。
さすがにわたくしが準備しなければいけないと思っていたら、子供たちが起きてきてマキシマム後述は勿論「食べ物〜」とぐずりだしてしまい痛さを我慢しながら動くことにしました。
すると真ん中の輩は「自分であげるよー」と朝ごはんの工夫を自分でやりだしました。
わたくしは「ゴメンねー」と言いながら大層パッション。成長したなぁと遅まきながら。
早めに登園の工夫をしてのほほん駆け抜けながらターミナルに向かっているとマキシマム後述が「安全?」としかたをつないでくれました。
これ程狭苦しいのにやさしく育ってくれてるんだなぁと日々の叱りすぎる自己を又もや反省講じる早朝にもなりました。リボ払い 損しない