「海外には行けるうちに行った方がいい」と言われてみて

16年ぶりに海外へ行ってきました。前回行ったのは2001年、アメリカで起きた同時多発テロの直前です。しばらくぶりということもあって、行く前はテロの不安、治安についての不安、現地でのインターネットの利用に関する不安など、とにかく不安でいっぱいでした。とはいえ無事に帰国できてほっとしています。
今回の旅行でいろいろな人に言われたのが「行けるうちに行っておいた方がいいよ」というセリフです。海外に出かけるシニアはたくさんいますが、その一方で高齢になると体力や体調、金銭面などいろいろと考慮すべきことが出てくるからなのでしょう。
実際に行ってみて、前回海外へ行ってから今回まで間を空け過ぎていたことを痛感しました。行く前も現地でも、むやみやたら不安が大きくなった理由はブランクの長さにあるといえそうです。だから「行けるうちに行った方がいい」というアドバイスはものすごくよくわかります。ブランクが長すぎると不安ばかりが強くなり、海外へ行くモチベーションが薄れてしまうような気がします。しかしながら安いツアーがあるといっても、海外へ行くのはやはりお金がかかります。次回行くなら、金銭と時期との折り合いをつけたうえで、なるべく5年以内に行きたいです。

朝の掃除、終わるまでちょっと気まずい時間でした。

昨日の夜久しぶりに夜更かしをしたため今朝は8時ごろ起きました。というのも8時ごろに「カランカラン」という音で起きたのですが、その音を聞いてはっと思い出したのです。今日は家の周りの側溝の掃除の日でシャベルの音がしたのです。毎年側溝の掃除があって主人がほぼ毎年参加しているのですが、今年は主人が出張で不在のため参加していませんでした。どうしても力仕事になるので男の人ばかりが参加しています。この参加はできれば参加というもので強制ではなく、来ていない人も多いので今年も気にすることなく「不参加」と言っていました。
ですが、私の家の周りは2面が側溝に囲まれているので掃除の音が聞こえてくるのです。カーテンも閉めたまま洗濯機を回したりご飯を食べ、9時前になったのでもうそろそろ掃除も終わっているころかな?と思って洗濯物を干そうと出たらまだ掃除をしており急いで部屋に戻りました。なんとなく落ち着かず、気まずい時間でした。

今日は、夕飯を作るのが億劫だったのでピザを注文しました。

今日は、夕飯作るのが億劫だったので宅配ピザを注文してしまいました。というか、今日はおなかがとても痛すぎて困ってしまったのでそうしました。本当はめったにそんなことしないのですが、最近おなかがずっと痛くてどうしようかと思ったので今日は大目に見てもらおうと思います。主人があまり出前などが好きではないタイプな人なので、毎日作っていますが、それでも今日はとても辛かったので宅配にしました。でも今日は主人が仕事上夕飯は家で食べないことになったので、良しとします。そして今日は子供と二人で宅配ピザを食べようと思います。みなさんは宅配をよく利用しますか?私は最近あまり利用していなかったので、久々に味わおうと思います。ピザはいつも高いのであまり買わないんですが、今回は半額になっていたので思わず買ってしまいました!とても美味しそうでした。半額は見逃せないですね!子供もピザが大好きなのでとても美味しそうに食べていましたよ。